いつも心に太陽を

 重い障害や不治の病を患いながら、どう生きれば良いのでしょう?

 すべての人を満たす正解はありません。

 間違っている答えもないと思っています。

 だから正解を探すことをやめて本人の気持ち、考えに焦点をあてるべきなのだと思います。

 私たちにできるのは、本人が下した決断を支えるだけです。肯定することでしか本人は納得できません。大切なのは本人が納得することなのです。そのためにどんなに辛い状況の中でも、手を離さずに一緒に生きていける存在でありたいと思っています。

 


 

 どういう最期があなたの理想ですか? そう問われて、答えられる人は多くはありません。なぜならば 、どんな病気になるのか?障害をかかえながら生きているのか?家族は力をかしてくれるのかなど、自分で決められないことばかりだからです。

 けれども、最期を迎えようとするときにどのような治療を受けたいかは、本人しか決められません。その判断次第で、人の最期はいかようにもなるものなのです。

 そう言われても、よくわからない人が多いと思います。そのために本を書きました。

 

 この本で用いた「理想の最期」とは、、それぞれの生活環境下での、それぞれにとっての理想の最期という意味です。「理想の最期」のためには、本人だけでなく、家族や周囲の人間の理解と協力がとても大切です。そのためにも、何が問題になるのかを本人だけでなく、家族にも知っておいてもらう必要があります。

 ご家族ご一緒にお読みください。

 

     <購入はこちらから>

 


保険医療機関

在宅療養支援診療所(365日24時間対応)

日本循環器学会認定循環器専門医

難病指定医

生活保護指定医

千葉県緩和ケア研修会修了

身体障害指定医(心臓機能障害)